チネイザン (2)

さて、前回、若干不完全燃焼気味だった自分が、次に向かったのが Omsala というところ。

Googleで検索して、電話でサクッと予約できました。

ここのOhm先生も前述のKhun Niにチネイザンとカルサイネイザンを学んだそうです。


スタジオは旧市街の中にあって、割と行きやすい場所です。 到着後、早速、小綺麗なスタジオに通されて、個室へ。

今回はショーツは履いたままでOK。


施術のスタイルは前日のKhun Niと似ていますが、今日はもう少し内臓のディープなところまで指が入っているような気がします。途中、凝り固まっているところ=痛いところを見つけると、容赦無くグリグリ、ゴリゴリ。


そのうち指では不十分なのか、Ohm先生は肘を使いはじめました。

華奢な先生の尖った肘を差し込まれ、しかも全体重をかけられて、腹部はかなりの圧力を受けます。背中に突き抜けるくらいの勢いで押されます。内臓の悪い人はこのあたりで気を失うんだろうなぁ、とまだ若干余裕の自分。


施術中はとにかく呼吸を意識して、特に悪い気を吐き出すように、長く息を吐くことを心がけていました。途中、胃、小腸から大腸、肝臓や腎臓、そのほかのほとんどの臓器をくまなく揉まれたような気がします。

1箇所だけ激痛箇所があり「うーーーーーん」と思わず唸ってしまいましたが、まだ耐えられるレベル。そこは腎臓から尿道へ繋がるあたりでした。


そのうち痛みにも徐々に慣れてきて、気がついたら身体と意識が別々になり、自分の意識が遠くに行ってしまったような感じになりました。これ本当です。


言葉ではうまく伝えられないのですが、どこか遠くの方で、それもずーっと下の方で自分の身体(お腹)を触られている感じ。それをまた遠くにいる自分がぼんやり見ているような。。。完全に身体と意識が分離して、幽体離脱にも似た不思議な感覚。


なんとも言えない心地よさの中に、時折、激痛を感じて、その瞬間にもとの自分に意識が戻ります。で、少したつとまた同じように意識と身体が分離するような、施術中はそんな感じが繰り返します。お腹は痛いけど、意識はどんどん離れてリラックスしてゆくような。。。

言葉ではなかなか説明できませんが、「腸は第二の脳」といういわれる所以はこのあたりにあるのかもしれません。


感想としては、施術後、前回に増して心地よい倦怠感とともに、自分の中の何かが抜けた感が強まりました。


今回施術していただいたOhm先生はとても丁寧な施術で、指で内臓の声を聴きながら施術しているかのようでした。英語もお上手でコミュニケーションも全く問題なし。


料金は約50分で1300THB程度だったと思います。


※この日も涙は1滴も出ず。 我慢しきれず思わず叫んでしまった「痛っ!」も騒音値的には50デシベル程度かと思われます。

まだまだチネイザンレポートは続きます。。。


The Camp Muay Thai Resort and Academy

417 Moo 12 NongKwai Hangdong, Chiang Mai Province, Thailand 50230

Tel: +66-06-4558-4560 

 日本語対応可

เชียงใหม่ チェンマイ

​ここをタップしてください。

運転手がお迎えにあがります。