top of page
  • 執筆者の写真Danny

みんな大好き!アイスバス❤️



格闘技のトレーニングは、体力的にも精神的にも非常に過酷なものです。ボクシングやムエタイのトレーニングセッションの後、適切なリカバリー方法を取り入れることは、パフォーマンスの向上と怪我の予防に不可欠です。ザ・キャンプでは、トレーニング後のクールダウンとしてアイスバスを提供しています。この記事では、アイスバスの効果と、それを利用している有名なアスリートたちについて詳しく紹介します。


アイスバスとは?(今更ですが💦)


アイスバスとは、氷水を満たした浴槽に体を浸すことで、極寒の環境での浸漬療法を行うものです。通常、水温は515°Cに設定され、浸漬時間は515分が推奨されます。この方法は「冷水浸漬療法」とも呼ばれ、古代から伝わる治療法の一つとして知られています。


アイスバスの効果


1. 炎症の軽減:トレーニング後の筋肉や関節の炎症を軽減し、回復を促進します。冷たい水が血管を収縮させることで、炎症を引き起こす物質の流れを抑えることができます。


2. 筋肉痛の緩和:筋肉痛を和らげる効果があります。特に、激しいトレーニング後の筋肉の緊張を和らげ、リラックスさせる効果があります。


3. 回復時間の短縮:アイスバスは、筋肉の回復時間を短縮し、次のトレーニングセッションに向けての準備を助けます。これにより、トレーニングの頻度を上げ、効率的に成果を上げることができます。


4. 精神的なリフレッシュ:冷水の刺激は、精神的なリフレッシュにも役立ちます。トレーニング後の疲労感を取り除き、集中力を高める効果があります。


アイスバスを利用するセレブリティたち



多くのトップアスリートやセレブリティがアイスバスをリカバリー方法として採用しています。アイスバスを愛用する著名な人物たちと言えば、、、


サッカー界のレジェンドのデヴィッド・ベッカム、NBAのスーパースターであるレブロン・ジェームズやシャキール・オニール、アメリカンフットボールの伝説プレーヤーのトム・ブレイディ、女優のジェニファー・アニストン、ポップスターのレディー・ガガ、11回の世界チャンピオンを誇るサーファーのケリー・スレーターなどなど。セレブリティたちのの数を数え上げたらキリがありません。



アイスバスを利用するボクサーや格闘家


もちろんアイスバスは、ボクシングやムエタイなどの格闘技選手にとっても非常に有効なリカバリー方法です。ついでにアイスバスを利用している著名なボクサーや格闘家を紹介します:


  1. マニー・パッキャオ:伝説的なボクサーであるマニー・パッキャオは、試合後のリカバリーのためにアイスバスを利用していました。現役当時、彼は、アイスバスが筋肉痛を和らげ、次のトレーニングに向けての回復を助けると述べています。

  2. カネロ・アルバレス:メキシコのボクシングスター、カネロ・アルバレスもアイスバスを愛用しています。彼は、激しいトレーニング後の筋肉痛を和らげ、回復を促進するためにアイスバスが役立つと語っています。

  3. コナー・マクレガー:UFCファイターのコナー・マクレガーも、リカバリー方法としてアイスバスを採用しています。彼は、アイスバスが身体をリフレッシュさせ、トレーニングの成果を最大化するのに役立つと述べています。


このほかにもヘビー級ボクサーのアンディ・ルイス・ジュニア、現WBCヘビー級チャンピオンのタイソン・フューリー、ヘビー級ボクサーのアンソニー・ジョシュアなどもアイスバスの愛用者たちです。


このように多くのトップアスリートやセレブリティがその効果を認め、利用しているのをみると、アイスバスがトレーニング後のリカバリー方法として非常に効果的であるといえそうです。炎症の軽減や筋肉痛の緩和、回復時間の短縮など、さまざまなメリットがあるので、こちらに来られた際にはゲストの皆様にその効果をぜひ実感していただきたいと思います。

今日も良い1日を!




閲覧数:21回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page